就職活動中のあなた!→このサイトで紹介する「リーガルマインド(法的思考)」を自己アピールに応用してみませんか?→採用面接で「理論武装した貴方の発言」は、採用責任者の心をガッチリ掴み、「内定」を勝ち取る事でしょう。

最近の就職面接では、多くの学生が皆同じ様な意見しか言わないらしいのです。自分のオリジナルな意見」を考える技術はそのまま発言やプレゼン技術につながります。さらに相手の話を聞く技術にも応用できます。当サイトで提供するスキルを使う事によりあなたは一瞬でレベルアップをする事ができます。そして内定を勝ち取ることでしょう。また、就職活動の成功だけでなく、仕事が始まってからも営業トークや会議で臨機応変に使える技となりこれをもって厳しい社会で生きる為の頼もしい武器となる事でしょう。


弁護士に勝った素人だから言える事

当サイトの

メインテーマ

【民法のDIY】

民法の力を信じて

自分で法律を使ってみよう!

(単に請求書や通知を送るだけで済む事や、簡単に出来る範囲という事が前提です)

最近は、空前の

DIYブームの様です。

そこで、120年ぶりに

大改正された民法も

日曜大工の様に

出来る範囲で

自分で使ってみませんか?

 

 民事の法律問題は、

簡単に出来る事ならば、

自分で解決してみよう!

 

本来、誰もが

リーガルマインド

(法的思考)を持ち、

自分で「権利行使」すべきなのです!

 

日本の歴史が

そうさせるのか、

日本人気質は、

いつも事なかれ主義で、

泣寝入りしがち。(>_<)

 

自分達で意識改革し、

欧米並みの訴訟社会へと

成熟させて行きましょう。

有名弁護士 14人 

1人のサラリーマン勝訴した真実。

相手はちょっと、普通じゃない。

弁護士会 理事の大物弁護士

(本も数冊出版)

他にも元裁判官の弁護士や

・元検事の弁護士などが名を連ねる

14人のプロ集団でした。


大物弁護士に自分1人だけの力で戦い勝ったその一般人が使った、法的思考の技術とは。
大物弁護士に自分1人だけの力で戦い勝ったその一般人が使った、法的思考の技術とは。

法的思考(リーガルマインド)を就職活動に応用したい方はこちらをどうぞ☟


私自身も

そうでしたが…

 

貴方にも

こんな経験は

ありませんか?

弁護士に依頼すると赤字になるので、「泣き寝入り」するしかなかった。

 

専門家の事務所や市役所の無料相談に行ってみたが、本気で対応してもらえず、解決できなかった。

 

弁護士に依頼するほど「お金に余裕がない」ので、あきらめた。

 

トラブルが起こった時、「自分で法律を使ってみよう」とまでは、思わなかった。

 

そんな方へ、熱いメッセージを送ります!

 

自分の権利は自分(セルフ)で行使してみよう!

 

ネット上では、本人訴訟などで、自力で法律問題を解決した人が発信している「弁護士不要論」をよく目にします。最近は、事務所の経営が苦しいなどの理由で、弁護士の資金の着服事件など不法行為が目立ちます。弁護士会からは、懲戒処分情報がたくさん出ています。弁護士といえど人間ですし、良し悪しはピンキリです。注意すべきですが、もしも悪徳弁護士や、不誠実でいい加減な弁護士に盲目的に依頼すると、報酬目的だけの委任契約などをしてしまいます。「敗訴したのに、高額な弁護士手数料を払う」というケースに陥ることも実際にあるのです。

 

弁護士を選ぶ時は、

慎重に

選ぶべきです。

 

そして、必ずしも

訴訟・法律事務弁護士

という事です。

単純な法律行為で、自分で通知すれば容易に終わるような事

 

自分でやる方が有益な場合もあります。

 

その人が使える権利は、

本来その人自身に存在するのですから。

 

ただし、

注意してください。

・140万円超の裁判

・複雑な法律問題

・刑事事件は、

必ず弁護士に

相談をして下さい!

ここは間違いないところです。


訴訟:体験談

弁護士に勝訴した執筆者の体験談

↓  ↓  ↓  ↓


時効問題:解決法

わしの借金・・時効では?

 ↓  ↓       ↓     ↓


相続問題:解決法

突然、親の借金を請求された!

 ↓  ↓  ↓  ↓



※普段、いつの間にか

自分でやってる

単純な権利行使とは

 

人は生まれた時から自由と権利を得ています。

→例えばどういう事?

 

・自由にコンビニに入り弁当を買った売買契約)

・友人にお金を貸したが、返さないので請求した(貸金返還請求)

 

 そんなの当たり前だと、

思われたことでしょう。

 

その位、私たちはいつも

無意識に自分で法律行為をしています。

 

しかし弁当を買うのに

弁護士を雇う人などいないわけです。

 

ここで馬鹿らしいと笑ってはいけません

 

日常生活や長い人生の中で、思わぬ法律問題にぶち当たる事だってあります。その時にやられっぱなしだったり、自分で何も考えることなく「盲目的に」弁護士にトラブル解決を全て任せる事は、上記の例えと同じ位に可笑しな事だと、各自が認識すべきだと思います。

 

ここまで言えば、

自分の権利は、

本来は自分で行う事が

普通の筈だと理解できると思います。